フレームカラー

e0107493_1924423.jpg

僕のランドナーのフレームカラーは現代のビアンキによく見られる色だ。
1938年のフランス車なのに・・・だ。

ビアンキのチームカラーは元々「ブラック」。
1940年代後半に現在セレステと言われる青緑になった。
(本当のセレステはもう少しブルーっぽい。)

僕のランドナーのラグの色はワインレッド。
形は、日本では「エルス型」と呼ばれている。

全てのモノには「ルーツ」があり、懐古や模倣、あるいは参考にした「元祖」がある。

車の歴史にそれがあるように自転車にもある。

昔、フランスのロードレーサーには最上位機種に「ツールドフランス」「ツールドフランススペシャル」という名前が好んで使われた。

〇〇(ブランド名)クルスルート(ロードレーサー)「ツールドフランス」・・・。

今でいう、トレックマドン7シリーズの「7シリーズ」の部分に近い「最上位機種」の意味で・・・。

同様に〇〇(ブランド名)グランツーリスモ「ランドナー」・・・自転車の「ランドナー」という言葉は、初めの頃、こういうふうに使われていたようだ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
応援よろしくです!
056.gif 056.gif 056.gif
[PR]

by tavasuke | 2014-04-29 19:49 | Automoto