カテゴリ:Automoto( 3 )

フレームカラー

e0107493_1924423.jpg

僕のランドナーのフレームカラーは現代のビアンキによく見られる色だ。
1938年のフランス車なのに・・・だ。

ビアンキのチームカラーは元々「ブラック」。
1940年代後半に現在セレステと言われる青緑になった。
(本当のセレステはもう少しブルーっぽい。)

僕のランドナーのラグの色はワインレッド。
形は、日本では「エルス型」と呼ばれている。

全てのモノには「ルーツ」があり、懐古や模倣、あるいは参考にした「元祖」がある。

車の歴史にそれがあるように自転車にもある。

昔、フランスのロードレーサーには最上位機種に「ツールドフランス」「ツールドフランススペシャル」という名前が好んで使われた。

〇〇(ブランド名)クルスルート(ロードレーサー)「ツールドフランス」・・・。

今でいう、トレックマドン7シリーズの「7シリーズ」の部分に近い「最上位機種」の意味で・・・。

同様に〇〇(ブランド名)グランツーリスモ「ランドナー」・・・自転車の「ランドナー」という言葉は、初めの頃、こういうふうに使われていたようだ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
応援よろしくです!
056.gif 056.gif 056.gif
[PR]

by tavasuke | 2014-04-29 19:49 | Automoto

もうじき梅雨だけど・・・

e0107493_1818190.jpg
水曜日は、なんとカレー屋さんで宴会・・・3,000円で飲み放題の上、3種のカレーやサラダ、チキン、フライドポテトetc.・・・とびきりおいしいナンとご飯も付いてくる。



今日は明るいうちに帰れることになったのでランドナーを引っ張り出した。
e0107493_1821599.jpg
MTBで来た時より緑が濃い。





e0107493_18235225.jpg
牧歌的な初夏の夕方、のんびりとした家路。

明日は雨らしい。
[PR]

by tavasuke | 2012-06-08 18:26 | Automoto

日暮れが早い

e0107493_18261869.jpg

日暮れが早い。
仕事を終え、暗くなる頃、ランドナーで散歩に出た。






e0107493_18273850.jpg

束の間、ダートを走り、近所のイオンへ。







e0107493_18282798.jpg

用事を済ませ、自転車売り場へ。
「Aerofix」のスポルティーフ(手前79,800円)とランドナー(69,800円)。
例えば丸石のエンペラーなどと比較しても、これまでのこの車種にはなかったコストバリューだと感じる。
どうもTAKEDA産業のブランドのようだ。



ブログランキング、応援よろしくお願いします!
[PR]

by tavasuke | 2011-10-20 18:39 | Automoto