横浜→鎌倉→三浦半島→横浜・・・遠回りじゃねえ?


e0107493_20345025.jpg

まずは、横浜でひろとさんと待ち合わせてグーズカフェで軽い朝食。
今日のデートコースは、ひろとさんにお任せだ。(笑)
横浜は銀杏の黄葉が盛りですねえ。



e0107493_20373726.jpg

まずは鎌倉だそうです・・・ホイホイと着いていく。
出発してすぐ男子1名女子2名のグループ2組と8人のトレイン。
35km/h台で余裕で走る女子にビックリです。(汗)



e0107493_20414916.jpg

この時期の休日の鎌倉は、大混雑。
さあ、鎌倉の次はどうしよう?ということになり・・・。
「三浦でも回りますか?」って、言わなきゃよかった。(笑)
結局、逗子マリーナで休憩。
江の島の右に雪を被った富士山が綺麗に見えました。


e0107493_20464832.jpg

で、結局、三浦海岸。
向かい風で足に来てます。
ここで昼食・・・ファミレス!(笑)


その後、横浜に戻り、旧16号線を戻ってきました。
うーーん、遠回りしたなあ・・・。(笑)

おかげでまたまた100km超・・・FELTにしてまたよく走るようになった。


e0107493_20493240.jpg
e0107493_20495860.jpg



人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村応援よろしくです!
056.gif 056.gif 056.gif
[PR]

by tavasuke | 2013-11-23 20:57 | Cycling 2

裏ヤビツ紅葉狩りサイクリング

e0107493_20321643.jpg

厚木の相模川沿い、三河公園傍のコンビニでhirotoさんと待ち合わせ。
森の里から宮ヶ瀬に上がり裏ヤビツを走った。
目的は紅葉を眺めながらののんびりサイクリング。


e0107493_20353044.jpg

紅葉にはちょい早いか?と、思っていたがさにあらず。
ドンピシャの今日でした。



e0107493_2037677.jpg

あまりの美しさにおじさん二人はロードで走ってること完全に忘れて止まる止まる。(笑)
度々景色を眺め写真撮りまくりでした。



e0107493_20405033.jpg

それでもまあなんとか予定通りにヤビツに到着。




e0107493_20415263.jpg

その後、表ヤビツを降りる。
菜の花台では幽玄な富士を拝む。



e0107493_20441085.jpg

落合まで降りて今日一番のごちそうはカレーヌードルとお稲荷さん3ヶ。(笑)
朝からここまでおにぎり1ヶとhirotoさんと半分こしたチョリソソーセージパンしか食ってない。
究極のエコラン。


e0107493_2046186.jpg

秦野からほぼ金目川沿いに平塚に出て藤沢までR1を走り藤沢橋でhirotoさんとお別れ。
境川を帰ってきた。




e0107493_20502514.jpg

お決まりの画像は一応上げておこう。
2年だか3年ぶりのヤビツだな・・・多分。

紅葉の余りの美しさに度々歓声を上げながらの楽しいサイクリングだった。

D118.64km
A22.1km/h

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
応援よろしくです!
056.gif 056.gif 056.gif
[PR]

by tavasuke | 2013-11-03 20:54 | Cycling 2

2年ぶりの風張峠


e0107493_22212271.jpg

行きの万世橋から。




e0107493_2223841.jpg





e0107493_22233115.jpg





e0107493_22235949.jpg





e0107493_22243194.jpg

やっと、秋らしい景色を見れるようになった。




e0107493_2226733.jpg

有名な「陣屋」さんで山菜と・・・。



e0107493_22263754.jpg

蕎麦を頂く。
坂の前の軽い腹ごしらえだ。



e0107493_2227189.jpg

登り始めて沿道で最初の真っ赤な紅葉。




e0107493_22283910.jpg

月夜野第一駐車場。
ここまで以前来た時よりはるかに楽に登れた。

ただ、野生の猿になんどか警戒の吠え声を浴びせられ「恐いよ~。」

e0107493_22334590.jpg

2年ぶりの標高1146mに到着・・・前回と同じようにガスって寒かった。
気温は12度。


D161.32km
A22.7km/h

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 自転車ブログ ピストレーサーへ
にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へ
応援よろしくです!
056.gif 056.gif 056.gif
[PR]

by tavasuke | 2013-10-30 22:38 | Cycling 2

和田峠の出会い

家のドアを開けて外に出たとき、北風が冷たいことにびっくりした。
青空も顔を出しているけれど雲が多くて陽射しが少ない。
陣馬街道を目指した。
e0107493_18513937.jpg






e0107493_18551074.jpg
どの季節に走ってもこの道は綺麗だなあ・・・。





e0107493_18571133.jpg
40×24Tだがローギアに入るようになったエリエ。
宮ノ下でドライブに来ていたご夫婦と自転車や道について聞かれしばしお話した。




e0107493_18584156.jpg
有名な「山下屋」まで100m程のここで撮影しようと止まると若者二人が抜いていった。





e0107493_1973734.jpg
ここでフリースを脱ぐ。
若者うち1人は飛ぶように登っていった。
もうお1人としばらく話す。
2人で走っているのかと思ったら違うらしい。
僕が先発で峠を目指す。



e0107493_19101987.jpg
そのお2人と峠で。
31歳と18歳だそうだ。
こんな時期に普段着で此処まで来るのは凄いなあ・・・。




e0107493_191499.jpg
18歳の彼が乗っていたのは、父親から譲ってもらった古い「シルク」だった。
大切に乗り続けるようアドバイスした。(笑)
父から息子への素晴らしいプレゼントだねえ・・・。



e0107493_19211132.jpg
31歳の彼はツーリング仕様のアンカー。
3台でパチリ。
息子のような世代の自転車乗り達としばらくの間、峠で話していた。



e0107493_19265135.jpg
下って確かめると「山下屋」が開いていたのでお2人に陣馬蕎麦をご馳走することにする。





e0107493_19282036.jpg
下りの寒さで悴んだ体をを熱い蕎麦で暖める。
碇草を練り込んだ蕎麦は美味い!




e0107493_193742.jpg
食べ終えて一緒に陣馬街道を下ろうと思ったら18歳の彼が携帯電話を峠に置きっぱなしにしてきたと・・・。
それは探しに行かないとだねえ・・・。
かくして彼は2本目・・・ここでお別れと相成った。
若いとは素晴らしい。006.gif


e0107493_1943263.jpg
31歳の彼に引かれて陣馬街道を下る。
川原宿でお別れして町田街道を目指した。

お2人の名前も聞かなかった。
でも、自転車で峠に登った者は同じ気持ちを共有できる。
それだけでいい。
縁があればまたどこかでお会いできるだろう。

18歳の彼の携帯電話は見つかったろうか?
それだけが気がかりだ。


e0107493_19484568.jpg
足付き3回だったよ。006.gif
自転車のせいじゃない。
彼女はバッチリだった。
僕が順調に年を取ってる。003.gif


人気ブログランキングへ
ブログランキング、応援よろしくお願いします!
[PR]

by tavasuke | 2012-02-11 19:52 | Cycling 2

風張峠

e0107493_23312698.jpg
「風張峠」・・・標高1146mとある。
東京都の道路で最も高所だそうだ。



e0107493_23342150.jpg
hirotoさん、カラサワさん、みやさん、そして僕の4人で奥多摩湖側から登った。




e0107493_23355025.jpg
とにかく紅葉が綺麗だ・・・が。





e0107493_23365268.jpg
奥多摩周遊道路に入るとあっという間にみんなに置いていかれる。
最近は登り坂一人旅がもっぱらだ。(笑)




e0107493_2340466.jpg
それでも紅葉を愛でる地点で待っていてくれる。
みんな優しい!




e0107493_2341474.jpg
景色が脚も心も癒してくれる。





e0107493_035877.jpg
まるでテレビメーカーのCMの様なのだよ。





e0107493_23443993.jpg
峠手前の駐車場からはさっきまでいた奥多摩湖がはっきり見える。
眼下に見えるダム湖の一番向こうに僕らはさっき確かにいた・・・自転車って凄いな。




e0107493_2348296.jpg
峠に揃ったところで集合写真・・・ガスってきて寒い。
さすがにオーバー1,000mだ。




e0107493_23502710.jpg
五日市側に降りてきた。
楽しい紅葉狩りサイクリングだった。



D165.29km
A21.0km/h


ブログランキング、応援よろしくお願いします!
[PR]

by tavasuke | 2011-11-12 23:55 | Cycling 2

ヤビツ、道志、箱根 DNF

2年ぶりの神奈川、山梨に跨る200㎞ラン。
結果的には山伏峠で左膝を傷めてDNF。
1つ目の長い直線を登っている途中に突然左膝裏に痛みが走った。
どうやら膝裏外側の筋をどうにかしたらしい。
職業柄怪我には慣れているが、これでは箱根を登るのは無理と判断し、峠でDNFを宣言。

e0107493_639384.jpg
怪我をするまでは楽しかった。
最近やっと手に入れたミニ三脚を使って試し撮りなんかしたりして。

e0107493_6405925.jpg
これね。


e0107493_6424543.jpg
Kさんのボトルゲージセットは強力だ。(笑)
トライアスロンの世界では有名なパーツらしい。


e0107493_64523.jpg
そのK氏。


e0107493_6454411.jpg
そしてhirotoさん

ヤビツ、道志道と私が遅れて2人をお待たせするが順調に楽しく走っていた。

e0107493_6503412.jpg



e0107493_651189.jpg
大方予定時間通りに走っていたんだけどなあ・・・。

e0107493_6565937.jpg



e0107493_6573021.jpg
道志道の駅の「クレソン入りの蕎麦」

e0107493_6583725.jpg
山中湖のトンカツ定食。

脚を傷めてからはひたすらしかめっ面で走った。
籠坂峠を登り御殿場に下りて輪行するか・・・と考えていたが結局自走で戻ることにして駿河小山へ降りる。
なんとhirotoさんとk氏もDNFして付き合ってくれるという・・・。

e0107493_733282.jpg
亀のようなスピードに2人が付き合ってくれて厚木に着く頃には夕暮れ時だった。
本当にありがとうございます!

e0107493_77311.jpg
結局、本番で三脚が活躍したのはこれ1枚。
箱根でこれを撮りたかった。

痛みで辛かったがいつかまたリベンジに行こう。


D191.46km
A19.6km/h


ブログランキング、応援よろしくお願いします!
[PR]

by tavasuke | 2011-08-29 07:10 | Cycling 2

ヤビツ、山伏、箱根 228km

e0107493_039337.jpg
御殿場で遅い昼食を取り、店を出たらいきなり土砂降りの雨。
ここまで130km余り、予報に反した好天の中を走ってきたのに最後の難関箱根には、最悪のコンディションが待っていました。



e0107493_0421740.jpg
ヤビツ峠と道志道と箱根を一日で走るという私の計画に乗ってくれたのはリュウさん。
彼はこの7段変速のプジョーのミニベロで600kmブルベを2週連続完走したり、つい先日の静岡600kmも完走した、その世界では有名なサイクリストです。
つまり今日は、彼はトレーニング、私は命がけです。(笑)
今日私が228kmもの山ばかりのコースを走破するために途上モチベーションを持ち続けられたのは間違いなく彼のおかげです。


e0107493_0533682.jpg
菜の花台の展望台から富士山がこんなに綺麗に見えることをはじめて知って盛り上がったり・・・。





e0107493_0573699.jpg
互いの写真を撮りあったり世間話やブルベの話をしながらのんびり登る表ヤビツ。
予報に反して暑いくらいの好天が嬉しかったのです。
何せ前夜の予報では、地獄を見る覚悟でしたから・・・。
ウエストポーチに括り付けてあるのが雨具です。



ヤビツ峠到着は8時少し前でした。
e0107493_123146.jpg





裏ヤビツを下り今度は山中湖を目指して道志道を走ります。
e0107493_16463.jpg





道の駅で軽く食事した後、いよいよ山伏峠へ。
表ヤビツの蓑毛に続く今日二つ目の難関です。


e0107493_1105340.jpg
その山伏峠です。



それから山中湖を走り・・・。
e0107493_1144100.jpg
籠坂峠を登って御殿場を目指します。
御殿場で食事をして走り始めたのが冒頭の画像。



3つ目の関門、乙女峠。
坂の最初の方は蓑毛に匹敵する急坂でした。
e0107493_1182754.jpg
峠のトンネルを小田原側に抜けるとバケツをひっくり返したような激しい降りでした。




まっすぐ走っていても滑りそうなタイヤ、物凄い寒さと格闘しながら千石原まで下り・・・。
e0107493_1241917.jpg
しばらく美しい草原が続きますが、その先、今度は芦ノ湖を目指しておよそ5kmを登り返します。




再び蓑毛級の坂を淡々と進むトレイン。
あまりの寒さにこの期に及んで下りより登りを望む2人でした。
もう麻痺していくらでも登ってやるよ・・・という感じです。
そして芦ノ湖。
e0107493_1309100.jpg





芦ノ湖、湖尻から旧道に入るまで8kmの登り基調のアップダウン・・・ああいくらでも登ってやるさ!
e0107493_139890.jpg
旧道を下る頃には雨も小降りに・・・。
小田原のマックで一休みし帰路の集中力を取り戻します。


R1、R134とピタリ30km/hで走り続けて藤沢から境川CRへ。
真っ暗な境川を暫く行くとまたも激しい雨、土砂降りです。
しかし、もうどうにでもなれ!と25km/hでのんびり帰ってきたのでした。
早朝4:45頃に出発し、戻り着いたのは22:20過ぎ。


走行距離は、私のサイコンで228.94km、リュウサンのGPSでは230kmを越えているようです。
ロードで走りたかった道、走りたかった距離、ひとつ実現できました。
平均時速19.4km/h。


[PR]

by tavasuke | 2007-05-31 01:57 | Cycling 2